もの・こと・じょう・ほう

見据えた海は大海原。耳を澄ませば人の声。振り向き様に富士の山。影の先に一輪の花。

2012年、今年の四字熟語

今週のお題「2012年、今年の四字熟語」
「移行期間」
なんといっても大学生から一般社会人への移行。研修から一般業務への移行。住居の移転。
こうした社会的・空間的な移行期間が今年、2012年です。この移行期間という環境変化の中で心身の調子を崩さずやっていくことが重要だと思います。


昨年まで就職活動の一環で首都圏へ行く機会がありましたが、とても賑やかで魅力的に感じました。
現代的なものから近代以前の古いものまで、日本史を専攻していた学生にとって大学ですごした京都とともに趣ある建築物がならび、また近代美術、現代美術が多数所蔵される美術館など、みどころは満載だと思います。
そのためにも3月までの大学生活のうちに京都という町を余すことなくめぐっておく必要があり、比叡山や伏見、醍醐など少し離れたところへまだ訪れていないので早めに参拝したいと思います。