もの・こと・じょう・ほう

見据えた海は大海原。耳を澄ませば人の声。振り向き様に富士の山。影の先に一輪の花。

2次試験(京大)日本史について

先日、国公立2次試験が終わりました。
日本史に関して、
京大・・・短文で答えさせる記述問題が1個のみとなり、やや安堵する学生が多かったのではないかと思われた。また論述については駿台が(2)を的中させたと発表しており、(1)も過去に類似した問題がでているため、高得点が予想された。


大問1 A→易 B→並 C→難
大問2 文化史次第で高得点が望める→並
大問3 A→並 B→難 C→難
大問4 (1)→並 (2)→並 

大問1 Cの史料が何かがわかるかによる。
大問2 「対屋」「東関紀行」「花鳥余情」「大乗院日記目録」「中里介山」が難しかったかと思われる。
大問3 「隅田八幡宮人物画像鏡」「兵の道」「申状」あたりが難しかった。
大問4 (1)郡司の関連をうまく説明できるかが鍵
    (2)蘭学の規制の一方で対外危機に備えた活用まで言及できるか。